思い出写真整理・自分史制作にA6・ハガキサイズ 【ToRiZo簡単スキャナ】 写真、年賀状、カード、小サイズの印刷物をパソコンいらずでSDカードに直接デジタル保存できます

MENU

写真整理5つのステップ(第8回)

写真整理5つのステップ(第8回)

今回はプリント写真整理の5つのステップについて説明します。

皆さんは5Sと言う言葉を聞いたことがありますか?

仕事の基本中の基本として非常に重要な5つのSで、

整理

整頓

清掃

清潔

の事ですね。

このプロセスの最初が“整理”で“要るものと要らないものを分けて、要らないものを捨てる事”を指します。

写真の整理の場合は以下の5つのステップ(手順)で進めます。

 

  1. 全ての写真を1カ所に集めます。
  2. 撮影順に並べ替えます(日付のない写真は記憶をたどって…)。
  3. 整理する(譲るもしくは捨てる)写真を選択します。
  4. 誰かに譲る写真を選んで譲り渡します。
  5. 最後に本当に必要な残したい写真を選び、不要写真を捨てます。

 

1.全ての写真を1カ所に集める

バラバラ写真

バラバラ写真

アルバム写真

アルバム写真

ポケットアルバム

ポケットアルバム

家中の写真を全て集めます。

 

2.1枚1枚チェックして撮影順に並びかえます。

そのためには、年代ごとに分ける事が必要となります。

1回だけですので、どんな箱でも良いです。

私はティシュの箱や、牛乳パックで箱をつくりました。

年代別仕訳写真

年代別に箱に分けたら、撮影順に並べて“輪ゴム”で束ねます。

アルバムには“ポストイット(附箋)”で順番を書き込みます。

整理後にプリント写真で保管するにしても、デジタル化して保管するにしても、この段階で徹底的に撮影順(と思われる順)に並べる事が必要です。

私の場合は、当初は手あたり次第スキャナでデジタル化ししたのですが、データ化してから並べ替える作業は物凄く大変で、挫折した結果、この方法にたどり着きました。

ここまででプリント写真として保管する場合の全体の仕事量の5割以上進んだことになります。

 

 

メールにてお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Amazon購入
Yahoo! ショッピングはこちら

メニュー

  • facebook
PAGETOP