思い出写真整理・自分史制作にA6・ハガキサイズ 【ToRiZo簡単スキャナ】 写真、年賀状、カード、小サイズの印刷物をパソコンいらずでSDカードに直接デジタル保存できます

MENU

スキャンファイルの整頓6.(第18回)

スキャンファイルの整頓6.(第18回)

すべてと言える“写真整理アプリ”や“アルバムソフト”ではデジカメで撮影すると自動的に書き込まれるイグジフファイルの情報を使用して、表示や管理を行っています。

イグジフ情報については、本講座 “第5回 デジカメファイルのフォーマット”で説明していますので、もう一度見直してください。

整頓2-③ デジタル写真整理で重要なタグ付け

 

写真整理で重要なのは、誰が写っているかです。

アプリを使うと“顔認証”などの機能を使って“人物にタグ付け”を自動で行う事ができますが、ここでは1枚ずつ手作業で入力する方法を説明します。

またサンプルファイルには人の顔の写った写真は採用していません。

タグ付けの方法説明のためにそれぞれの写真を撮ったのはA,Bの2名ですので、この情報でタグ付けします。(タグ付けは人物に付けるのが一般的ですが、風景写真でサンプルを構成したため、撮影者でタグ付けしました。)

まずAさんが撮影した写真を選択します。

一度に選択すると1回の入力で全ての写真にタグ付けできますので、サムネイル画像を見ながらCtrlボタンを押しながら、カーソルを移動し、マウス左ボタンで選択して行きます。

Aさん選択

Aさんの撮影写真の選択が終わったら、どの一枚でも良いですがカーソルを合わせて、右クリックします。

右クリック

プロパテイを開き、詳細タブをクリックし、イグジフファイルのタグに“A”を入力します。

プロパティ表示詳細タブBさん

同様にBさんが撮影した写真を選択し、

Bさん選択

項目タグに“B”を入力します。

プロパティ表示詳細タブBさん

 

メールにてお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Amazon購入
Yahoo! ショッピングはこちら

メニュー

  • facebook
PAGETOP