思い出写真整理・自分史制作にA6・ハガキサイズ 【ToRiZo簡単スキャナ】 写真、年賀状、カード、小サイズの印刷物をパソコンいらずでSDカードに直接デジタル保存できます

MENU

スキャンファイルの整頓1.(第13回)

スキャンファイルの整頓1.(第13回)

整理とは“必要なものと不要なものを分けて、不要なものを捨てる事”でした、整理した写真のスキャンが終わりデジタルファイル化できたら、次に整頓をします。

ここでまた仕事の基本“5S”の“整頓”の定義を思い起こしましょう。

整頓とは“いつでも必要なものを、誰でもすぐ取り出して使えるように表示しておくこと”です。

写真スキャンファイルの整頓手順は以下の通りです。

  • 写真ファイル(スキャンデータ)を使えるようにする。
    • サイズ毎にフォルダーをつくる。
    • 一括トリミングをする。
    • トリミング後もとのフォルダーDCIM 100_SCANに集約する。
    • 回転が必要な写真は正規の方向に回転する。
    • セピア化など変色した写真は色調整を行う。
  • 写真をすぐ取り出せるようにする
    • 撮影順に並んでいるか再チェックし、必要に応じで並び換える。
    • ファイル名を一括変換して撮影順を決める。
    • サムネイルで家族一人一人の写真を一括選択しタグ付けを行う。
    • Exifファイルの評価に5段階で評価データを入力する。
    • 評価5、4のファイルについて撮影日を入力する。

10ステップと作業量は少なくはありませんが、1つ1つきちんと解説して行きますので、尻込みせずに取り組みましょう。

スキャンデータが入ったSDカードをパソコンに入れ、SDカードを選択するとエクスプローラは次の画像を表示します。

DCIM

フォルダー”DCIM”が表示されました。 これを開くと”100_SCAN”フォルダーになり、更にこれを開くと、

スキャンファイル表示

 

個別のファイル=データ化された個々の写真のスキャンファイルが見え、“SCAN_0174.JPG”から“SCAN_0215.JPG”まで表示されました。

スキャンファイル整頓作業前準備

“100_SCAN”フォルダーを右クリックして、コピーします。

コピーは整頓作業を行うPCのHDに行うのが良いかと思いますが、ここでは同一のSDカード内におきました。

エクスプローラ100_SCANコピー

整頓作業はこの“100_SCANコピー”に対して行います。 元の”100_SCAN”はPC内や外付けHDなどにそのまま大切に保存しておいてください。

理由は、JPEGファイルの特性で編集・保存の度に圧縮により情報が欠落しもとに戻らなく(不可逆圧縮)なるからです。

ではこのサンプルフォルダーの整頓作業を行います。

整頓ステップ1-1.サイズ毎にフォルダーをつくる。

サンプルフォルダーの写真サイズをチェックします。

42枚の写真(スキャンファイル)は以下の4サイズに分類できるようです。

a. 名刺サイズ(65x90mm)が1枚:50年ほど前の古いサイズ

古い写真名刺サイズ

b. E版(82x120mm)が26枚:少し前の標準サイズ

古い写真E版

左はアルバムから、右はバラ写真をスキャンしたファイルです。

c. L版(89x127mm)が1枚:最もポピュラーなサイズ

古い写真L版

d. 4つ切り(102×152㎜)が14枚:いわゆるハガキサイズ

古い写真4つ切り

名刺、L版はたまたま1枚でしたので、E版26枚を切り取り“E版”というフォルダーを作ります。

同様に“KG版”フォルダーも作ります。

元の“100_SCANコピー”フォルダーに残ったのは次の図の2枚です。

エクスプローラ100_SCANコピー残り

SDカード内のフォルダーは以下の様になりました。

SDカードエクスプローラ表示

お疲れ様でした。

今回はここまでです。

 

メールにてお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Amazon購入
Yahoo! ショッピングはこちら

メニュー

  • facebook
PAGETOP